簡単にできるほうれん草を使ったグリーンスムージーの作り方

ほうれん草

グリーンスムージーを作るのに基本的な食材は青い葉っぱの野菜、果物、水です。この青い葉っぱの野菜としてあげられるのは、ほうれん草、水菜、青梗菜、ケール、レタスなどです。しかし、ほうれん草はあくが強くて苦手という人の場合、おすすめする作り方としては茹でて使うことです。これなら「えぐみ」を気にすることがないですし、ほうれん草に含まれるシュウ酸を約7割除去することができますので安心して飲むことができます。

 

シュウ酸が怖いのでほうれん草を使いたくないという場合は、シュウ酸をあまり含まない野菜や果物を使用しましょう。野菜なら水菜、レタス、ケールなど。果物ならりんご、梨、桃、みかんなどがそうです。しかしほうれん草も一日約1kg食べなければシュウ酸による健康被害を心配しなくても大丈夫です。グリーンスムージーを作るのに使用するほうれん草は1〜2束程度ですから、そこまで深刻に悩まなくても大丈夫でしょう。

 

ほうれん草を使用したグリーンスムージーのおすすめの作り方はほうれん草、りんご、ばなな、水です。もし飲みにくければ水を牛乳や豆乳に代えてみてください。もしダイエット効果を期待したいのなら、チアシードを入れることをおすすめします。チアシードはシソ科の植物で水分を含むと何十倍にも膨らみます。グリーンスムージーを1食分と置き換えるのにチアシードを入れたものにしておけば、腹持ちが良くなり空腹感をあまり覚えなくて済みます。

 

グリーンスムージーの作り方はインターネットなどで簡単に検索することができます。もし自分で作ることが面倒に思うのなら、市販で売られている粉末タイプのグリーンスムージーを利用してみましょう。安全性が高く、栄養バランスがとれているので、シュウ酸など悩む必要がありません。グリーンスムージーは毎日飲み続けてこそ健康効果が期待できます。毎日続けるためにも簡単に作ることができる粉末タイプのグリーンスムージーを上手に活用してください。

 

 

グリーンスムージー用にほうれん草を生で使っても大丈夫?

ほうれん草でグリーンスムージーを作る時、ゆでるべきか生で使うべきか悩みませんか?ほうれん草にはシュウ酸と呼ばれる物質が含まれており、シュウ酸が血液中のカルシウムイオンと結合すると結石を生じさせてしまいます。結石を持っている人はシュウ酸の摂取に注意する必要があります。シュウ酸はゆでることで7割近く除去することができるので、ほうれん草をゆがいて食べることが一般的になっています。しかしほうれん草を生で食べても深刻な健康被害を生じさせるわけではありません。なぜなら毎日1kg以上を生で食べない限り、シュウ酸の心配がないからです。グリーンスムージーに使用するほうれん草は1〜2束程度ですので、生で使用しても大丈夫です。

 

どうしてもほうれん草を生で使用することに抵抗がある場合はシュウ酸をあまり含まない野菜を使いましょう。例えばレタス、小松菜、水菜、ケールなどがそうです。これらの野菜は「あく」が少ないので、グリーンスムージーの味をマイルドにしたい場合はおすすめです。最近ではサラダほうれん草のように、あくが少なく、生で食すことができるほうれん草が出ていますので、こちらを使用してみるのも良いかもしれません。

 

またカルシウムを多く含む牛乳や豆乳、ヨーグルトでグリーンスムージーを作れば、血液中のカルシウムとシュウ酸が結合することを防ぐのでこちらもおすすめです。しかしどのような場合でも、あまり神経質になることは避けた方が良いです。

 

グリーンスムージーは毎日飲み続けることによって、体の中から毒素を追い出して健康的な美しさを手に入れることが目的です。食材選びでストレスを感じてしまっては元も子もないです。そこでおすすめなのが市販で売られている粉末タイプのグリーンスムージーです。これなら安全性が高く、手軽に栄養バランスのとれたグリーンスムージーを飲むことができます。まずは続けてみることが大切。初めは粉末タイプでチャレンジしてみましょう。

 

 

あくの多いほうれん草でグリーンスムージーを作って大丈夫?

グリーンスムージーに使う食材としてほうれん草があげられます。ほうれん草は体に良い野菜として人気がありますが、その「あく」にははシュウ酸という成分が含まれます。シュウ酸は血液中のカルシウムイオンと結合する働きがあるので、結石を持っている人は避けた方が良い野菜です。ただし健康な人の場合、ほうれん草は毎日1kg摂取しない限り、このシュウ酸による健康被害はないと言われていますので、スムージーに使う分くらいなら不安に思う必要はありません。

 

しかし家族に結石を持っている人がいる場合など、できるだけシュウ酸による健康被害を防ぎたい人がほとんどでしょう。それならグリーンスムージーではほうれん草のようなシュウ酸の多い野菜を避ければ良いです。例えば小松菜、ケール、青梗菜、レタスなどは、ほうれん草のようにあくやシュウ酸が少なく食べやすいのでおすすめです。シュウ酸の少ない食べ物はりんご、梨、メロン、桃などがそうです。ちなみにほうれん草以外でシュウ酸の多い野菜はパセリや春菊、果物ではパイナップルやキウイなどが挙げられます。

 

どうしてもシュウ酸の多い食材を使いたい場合はヨーグルトや豆乳、牛乳などのカルシウムを多く含む食材をグリーンスムージーに入れて血液中のカルシウムと結合を防ぐようにするのもおすすめです。いずれにせよ、グリーンスムージーで使う程度の量のシュウ酸はそれほど深刻に考えなくて良いので、あまり神経質にならずに気軽に楽しんで飲むことをおすすめします。

 

ほうれん草のあくやシュウ酸などを考え始めたら、食材選びなどが心配になってくる人がいます。それならいっその事プロにお任せしてみましょう。市販されている粉末タイプのグリーンスムージーなら栄養バランスを考え抜かれて食材が選ばれており、安心して毎日飲み続けることができます。とにかく楽しんで続けることが大切です。無理せず粉末タイプのグリーンスムージーでまずは始めてみてください。